ケールを主成分とした青汁

ケールを主成分とした青汁

食事で補えない栄養を手軽に補えるとして人気なのが青汁です。

 

青汁には、ビタミンやミネラル、アミノ酸など豊富な栄養素が含まれています。
そのため、忙しくて食事に気を使えない方や、食が細くなってしまった高齢者の方、より栄養が必要な妊婦の方など幅広い方にお勧めできるのです。

 

青汁の原料となる野菜には、ケール、大麦若葉、明日葉などが存在します。
その中でも特に栄養分が豊富なのがケールです。

 

ケールはキャベツの一種なのですが、ビタミンやミネラルはもちろん、亜鉛やアミノ酸など様々な成分が豊富に含まれていることで知られています。
またケールは非常に丈夫で育てやすいため、費用をかけずに青汁へと加工することもできますので、できるだけお安く青汁を飲みたい方には最適な成分になるのです。

 

ただしケールの味には独特の癖があるため、おいしく飲むには豆乳や牛乳に混ぜたり、はちみつを入れて飲んだりという工夫が必要になります。